トップページ > 病院のご紹介 > 各部門のご紹介 > ME科

Kagoshima Aishinkai

ME科

 

"臨床工学技士"と言われる技士が所属する部署ですが、"臨床工学"って何?、'臨床工学技士'ってどんなことをしているの?検査技師とは違うの?と思われる方がほとんどだと思います。臨床工学技士法により、1988年(昭和63年)に誕生した新しい医療資格で、通称"ME"または"CE"(Clinical Engineer)と呼ばれています。病院ではみなさんご存じのようにたくさんの医療機器が使われています。以前それらの医療機器の管理を担当していたのは医師、看護師などの医療従事者でした。近代になり医療技術が進歩していくのに伴い、高度化した医療機器が導入され、その操作技術や保守管理も非常に複雑化してきました。そのため、生命維持管理装置などを専門に操作・管理する特別な職種が必要になってきました。それらの高度医療機器を安全に、かつ適正に使用できるように保守・管理するのがわれわれ臨床工学技士の仕事です。実際に管理する代表的な機器としては人工心肺装置、人工呼吸器、血液透析装置、高気圧酸素治療装置などです。これから業務の紹介をしていきます。

人工心肺装置の操作・管理

心臓を養う血管を冠状動脈と言いますが、その冠状動脈が詰まったり、狭くなったり、心臓の弁の機能が悪くなったり、また心臓から出る太い血管を大動脈と言いますが、それが瘤(こぶ)のようになったり、その瘤が破裂したりした場合に心臓の手術をしなければならない時があります。そういう場合には大抵、心臓を止めて(休ませて)手術をしなければなりません。その際に他の方法でからだの循環を維持する必要があり、心臓と肺の代わりを人工心肺装置と言われる装置を使って肩代わりします。その人工心肺装置の操作を行うのが臨床工学技士です。

心臓カテーテル検査・治療の介助

心臓を養う冠状動脈が狭くなったり、詰まったり、また心臓の弁の動きや心臓全体の動きが悪くないかX線と造影剤を使って検査し、その狭くなったり、詰まったりしている冠状動脈を治療しなければならない場合にX線造影装置の操作を行い、医師とともに治療にあたります。治療は狭くなったり、詰まっているところを風船で広げたり、ステントと言われる金属製のものを置いたり、血の固まりを吸引したりします。また、治療中や緊急時に心臓の機能が悪くなり、すぐに心臓の補助を行わなければならない場合にIABP装置と言う補助装置の操作を行い、心臓や呼吸が止まったりした場合に救急的に簡易型の人工心肺装置(PCPS)の操作を行い、救命にあたります。

人工呼吸器の操作・管理

自力での呼吸が困難、または自力で呼吸が出来ない患者様の代わりに呼吸を補助するのが人工呼吸器です。臨床工学技士は人工呼吸器の返却後・貸出前点検を行 い、使用中の人工呼吸器に関しては病棟をラウンドして、器械や設定が適切であるかをチェックし、患者様に異常をきたしていないかを見て回っています。ま た、運転時間や期間に応じてオーバーホールを行い、人工呼吸器の安全管理に努めています。

高気圧酸素治療装置の操作・管理

一般的に、わたしたちが生活している地上(高地を除いて)では1気圧の圧力がからだにかかっています。それに対し、高気圧酸素治療装置では倍の2気圧の圧力をかけてからだの中の酸素の量を増やして酸素が少なくなったことによって起こるからだの不調・病気を改善させる効果があります。治療の対象となる病気は病院によって違いがありますが、当院では主に以下のような病気に対してこの治療を行っています。
・突発性難聴  ・網膜中心動脈閉塞症  ・腸閉塞  ・化膿性骨髄炎
・四肢の循環障害による難治性潰瘍 など

血液透析装置の操作・管理

からだから排出される老廃物の処理を行い、尿を作る働きをしているのが腰の少し上の部分にある腎臓ですが、その働きがいろいろな原因により弱くなったり、悪くなったりした場合にからだのなかに毒素や余分な水分がたまってしまい、からだに悪影響を与えてしまいます。そういう場合に血液中からその毒素や水分を出す必要があり、その役割を肩代わりするのが血液透析です。通常1週間に3回、4時間の治療を行い、血液をきれいにします。その治療中の患者様のからだの状態や装置の状態の管理を行っています。現在、糖尿病からの合併症による慢性腎不全で血液透析を行わなければならない患者様が増加しており(患者全体の約31%、新規導入患者の約42%)、糖尿病を放置することの怖さを痛感しています。

医療機器の保守・管理

冒頭にも述べたように病院ではたくさんの医療機器が使われています。それらの点検・修理を行うのも臨床工学技士の重要な仕事の一つです。人工呼吸器、生体情報監視装置(モニタ)、輸液・シリンジポンプ(点滴を自動で行なう装置)、その他の医療機器の保守・管理を行っています。また、治療には酸素をはじめ、いろいろなガスが必要とされますが、その医療ガスの点検なども行っています。

ペースメーカ保守・管理

心臓には拍動するリズムを統括する洞結節と呼ばれる細胞が存在します。この洞結節が最も適切な調律メッセージを発信し、定められた経路をたどって心臓全体へ刺激を伝え、これにより心臓が拍動します。洞結節や刺激を伝える経路に異常が起こると、心臓の拍動が減ったり、無秩序に拍動を起こしたりします。このような心臓の異常な拍動を調整するのがペースメーカです。ひとことでペースメーカと言っても様々なモードや設定があり、特徴や用途なども変わってきます。ペースメーカの保守・管理も臨床工学技士の業務の一つです。

院内教育・医療機器勉強会の実施

病院内には多種多様な医療機器があります。構造・原理に詳しい私達が臨床工学技士という視点から医療機器の勉強会を行い、医療機器を適切に使用するための知識及び技能の習得、または向上を目指しています。

ページ上部へ

お問い合わせ

社会医療法人鹿児島愛心会
大隅鹿屋病院

〒893-0015
鹿児島県鹿屋市新川町6081番地1

TEL:0994-40-1111

FAX:0994-40-4579

MAIL: soumuka@kanoya-aishinkai.com

当サイト内の全ての内容についての無断転載を禁止いたします。当サイトの内容については正確を期すべく努力しておりますが誤った情報を掲載している可能性もあります。
お気づきになった誤り等があればご連絡をお願いします。→ ご意見、ご要望、お問い合わせはコチラまで