トップページ > 病院のご紹介 > 各部門のご紹介 > 栄養科

Kagoshima Aishinkai

栄養科

 

栄養管理室の仕事を大きく分けると、食事の提供と栄養相談になります。

現在は、管理栄養士4名、栄養士3名、調理師7名、調理員11名の合計25名で、病院直営にて運営しています。栄養士はそれぞれの病気に合った栄養量や内容、材料費などを考えながら献立を作ります。それに加え地産地消にも取り組んでいます。病院のある大隅半島は、農業や畜産、栽培漁業等が盛んな土地なので、地元で取れた新鮮な食材料をふんだんに使用し、より安全でよりおいしい食事の提供に努めています。

この他、外来や入院中の患者様を対象とし、医師が必要と認めた方々には病状に応じた栄養指導や喫食指導・助言を管理栄養士が行っています。

入院中の食事

地元で取れた新鮮な材料を使い、患者様の病状に応じた食事を提供します。

① 食事時間
朝食 8:00
昼食 12:00
夕食 18:00
② 食事の場所 食事をする所は、各病棟のディールーム(食堂)や病室
③ 配膳方法 温かい料理は温かく、冷たい料理は冷たく食べていただくために、厨房で盛り付け、清潔なトレーで組膳した食事を「温冷配膳車」で各病棟にお届けします。
④ 食事の種類 患者様の病状によって食事の内容は変わりますが、入院中の 食事は全て病院で用意いたします。
⑤ お願い 食中毒防止のため、提供させていただいた食事はできるだけ速やかにお召し上がりください。 原則的に、院外から食べ物をお持ちにならないようお願いいたします。

栄養指導及び栄養相談

患者様やご家族の方を対象とし、食事の不安や質問等、担当医師や看護師・管理栄養士にお伝え下さい。日程を調整し管理栄養士が行います。

ページ上部へ

お問い合わせ

社会医療法人鹿児島愛心会
大隅鹿屋病院

〒893-0015
鹿児島県鹿屋市新川町6081番地1

TEL:0994-40-1111

FAX:0994-40-4579

MAIL: soumuka@kanoya-aishinkai.com

当サイト内の全ての内容についての無断転載を禁止いたします。当サイトの内容については正確を期すべく努力しておりますが誤った情報を掲載している可能性もあります。
お気づきになった誤り等があればご連絡をお願いします。→ ご意見、ご要望、お問い合わせはコチラまで