トップページ > 病院のご紹介 > 大隅鹿屋病院について > 沿革特徴

Kagoshima Aishinkai

沿革特徴

大隅鹿屋病院は、本土最南端に位置する大隅半島の中心の鹿屋市にあります。大隅半島にはおよそ27万人が住んでいますが、循環器救急や新生児救急を担う病院が存在しませんでした。こうした大隅半島の劣悪な救急体制を補うべく昭和63年に大隅半島で最大の病床を擁する病院として大隅鹿屋病院が開設されました。現在の大隅鹿屋病院は、24時間対応できる心臓カテーテルチームや大隅半島唯一の心臓外科チームを持つ先進的な病院となりました。また、日本全国でも有数な高齢化の進む地域でもあります。このため短い在院日数で多くの患者を診る都市型の医療とは異なった医療も求められています。現在、大隅半島には大隅鹿屋病院のサテライトとして吾平・高山の2つのクリニックと垂水徳洲会病院が稼動しており、それぞれが大隅鹿屋病院とともに通所リハビリテーションや在宅医療といった地域医療を担っています。高度な診療を要する患者の場合には大隅鹿屋病院がその責任を負うというネットワークが存在しています。

沿革

昭和63年 3月 病院開設許可(300床)
8月 開院
盛岡康晃院長就任
3東(外科) ・4東(内科)開棟
手術室、透析室開設
9月 3西(整形外科)開棟
2階(産科・小児科)開棟
11月 4西(内科)開棟
平成元年 1月 ICU開棟
3月 5東(脳外科)開棟
宮路重和院長就任
平成2年 1月 救急病院指定
平成6年 9月 耳鼻科開設
平成7年 4月 佐藤耕造院長就任
医療法人愛心会設立
10月 病床313床に増床
11月 橋口良一院長就任
平成11年 4月 歯科口腔外科開設
平成12年 5月 心臓血管外科開設
平成13年 4月 新井英和院長就任
平成15年 8月 井戸弘毅院長就任
平成15年 5月 5西(療養病棟)開棟
11月 厚生労働省臨床研修指定病院認定
平成16年 8月 新井英和院長就任
平成17年 4月 井戸弘毅院長就任
平成19年 5月 特定集中治療室管理料(8床)認可
オーダリングシステム稼働
11月 救急救命士気管挿管実習受入開始
平成20年 2月 病床種別の変更
/一般病棟275床
/ 療養病棟38床
6月 日本医療機能評価認定
12月 医療法人鹿児島愛心会設立
平成21年 4月 DPC導入開始
10月 卒後臨床研修機能評価認定(4年)
平成23年 4月 社会医療法人鹿児島愛心会認定
12月 がん診療指定病院の指定
平成24年 6月 訪問看護ステーション花みずき開設
7月 感染管理第三者評価受審
電子カルテ稼働
平成25年 8月 呼吸器外科開設
10月 卒後臨床研修機能評価認定(4年)
平成26年 11月 新病院竣工         
一般病棟入院基本料7対1(215床)認可         
障害者施設等入院基本料10対1(90床)認可
平成27年 4月 ペインクリニック内科開設
ページ上部へ

お問い合わせ

社会医療法人鹿児島愛心会
大隅鹿屋病院

〒893-0015
鹿児島県鹿屋市新川町6081番地1

TEL:0994-40-1111

FAX:0994-40-4579

MAIL: oosumi-renkei@kanoya-aishinkai.com

当サイト内の全ての内容についての無断転載を禁止いたします。当サイトの内容については正確を期すべく努力しておりますが誤った情報を掲載している可能性もあります。
お気づきになった誤り等があればご連絡をお願いします。→ ご意見、ご要望、お問い合わせはコチラまで